風俗の中でもライバル店の多いデリヘル店の場合には、お店で働いてくれる女性に対しての待遇を良くする事によって、長く自分の店で働いてもらうように努力しています。特にお休みに関しては女性スタッフに強要せずに、自由に取得するように促しているお店が多い傾向にあります。

大学生や社会人の方が副業としてデリヘルに勤めているような場合には、急な予定もありますので、完全に出られると確信がある場合以外は、当日出勤も可能にしているお店が殆どです。しかし、お店にとってはなるべく多くの時間、多くの日数を働いてもらいたいというのが本音になっておりますので、その辺りは強要ではなく自然に出たくなるように仕向けているのです。

デリヘル店は、一日に何時間以上、月に何時間以上働いた方は、最低保証金を出したり、臨時ボーナスを出すようにしている所があります。とにかく会社に来てお客さんに入るようになってくれれば、徐々にお金を稼ぐ快感を味わえるようになり、自分から休みたくなくなってしまうからです。特に指名客が増えると待機している時間も少なくなり、より効率的に稼げるようになりますので、自然と出勤日数が増えてきます。ある程度自由に休む事ができるお店はそれだけでメリットがあると言えます。